相手からうつる性病治療でのジスロマックとウイルス

感染症治療においては原因となっている病原体を除去するのを助ける治療薬を使用するというのが基本的な治療方針になります。細菌感染に対しては抗生物質を使用し、ウイルス感染に対しては抗ウイルス薬を投与し、真菌感染には抗真菌薬を用いるということが基本的な考え方です。感染症治療においてよく利用されるようになってきているものにジスロマックがありますが、ジスロマックは抗生物質であるため基本的には細菌感染に対して使用されます。ただし、ジスロマックはマクロライド系抗生物質に分類される抗菌スペクトルの広い抗生物質であることが知られているため、ほとんどの細菌に加えて非定型菌であるクラミジアやマイコプラズマに対しても使用されるという特徴があります。しかし、ウイルス感染などに対しては効果を示さないことから使用しても治療を達成することはできません。
ジスロマックが活躍する場面として性病治療の領域があり、日本で最も多い性病とされる性器クラミジアに対して著効を示すことが知られています。相手が感染していると性行為を通して高い確率で感染してしまうのが性病の特徴であり、自覚症状を伴いにくい性器クラミジアは広がる一方となっているのが現状です。相手が感染しているかどうかも見た目では判断しづらいこともその状況に拍車をかけることになっており、感染しているとわかった際にジスロマックで治療を行えるというのは大きな価値のあることとなっています。しかし、他の性病も持っている相手と性行為をした場合に、それがウイルス感染症であった場合にはジスロマックだけでは治療ができないため、原因を特定して適切な治療薬を使用していくことが必要になります。