性病の足の痛みや尿道のかゆい症状にはジスロマック

性器クラミジアは性感染症として日本でよく発生しているものであり、100万人以上の国内患者がいるとされています。その蔓延が起こってしまっている原因として大きいのは自覚症状があまりないということです。初期には男性で半数以上、女性で8割以上が症状に気づいていないということがわかっています。もともと女性では症状が出にくいものの、男性でも尿道炎になってしまっていても症状が軽度で気づいていないということがよくあるのです。その結果として、自分が感染しているとは知らずに性行為を行ってしまい、感染者が増えてしまうということが起こっています。そのため、性器クラミジアの自覚症状を知っておくことが大切であり、あやしいと感じたらクラミジア検査を受けて治療に専念していくことが大切になります。治療の際にはジスロマックと呼ばれるマクロライド系抗生物質を服用することによってすぐに治すことが可能であり、自覚症状に気づいて検査を受けるというステップを踏むことができれば問題なく治療ができます。自覚症状として覚えておくべきことは男女で異なるということにも留意が必要です。女性の場合には足の付け根の痛みが症状として表れることが多く、重症化すると歩けなくなってきてしまうこともあります。一方、男性の場合には尿道がかゆいという症状が最も一般的であり、それに加えて尿道から透明な膿が出ることが観察されます。こういった症状が出てきた場合には性器クラミジア感染を疑って検査を受けるようにするのがクラミジアの蔓延を防止していくことにつながります。自覚症状に対する意識を高めていくことが日本における性感染症事情を改善していくために必要なことです。