ジスロマックでクラミジアはすぐに治る?

クラミジアは、感染しても男性の50%、女性の約80%が感染に気付か無い事や自覚症状が少なくなり薬の使用をやめてしまい再び症状が悪化するケースが多くあります。その為、垂直感染や水平感染を引き起こし更に感染を拡大させています。自覚症状が無くても性病検査を定期的に受診し、早期発見早期治療を心掛ける必要があります。今では、通算販売で検査キットを手に入れる事が出来ますし、保健所や特定医療機関では無料で感染検査を受ける事が出来ます。現在では、クラミジアに対する医薬品も非常に進歩しており、完治までに日にちがかかったり、複数回の通院を必要とする事は無くなっています。
ジスロマックは、アメリカのファイザーが製造販売するニューマクロライド系のアジスロマイシンを主成分とする医薬品であり、細菌内のリボゾームの50Sサブユニットに結合する事によりタンパク合成を阻害する効果を示し、炎症やフリーラジカルの発生を抑制する効果もあります。
ジスロマックのアジスロマイシンは、マクロライド系のエリスロマイシンに窒素原子付加させた事や特殊な製剤方法であるマイクロスフェアを施す事で上部消化器官での吸収を抑え、胃部などの不快感や痛みなどを抑制する効果を発揮します。又、アジスロマイシンは従来の同医薬品と比較して半減期が68時間と著しく長い為に、従来は日に複数回数日にわたり服用する必要がありましたが、1回の服用で7日間効果を示すとされています。クラミジアの治療に際しては、ジスロマックを1回服用する事で治療が完了します。
ジスロマックは、従来の同医薬品に比べて患部への細胞移行率が高く、血中濃度の10倍から100倍で作用する事で服用する薬量を軽減する事が出来、副作用の軽減にもつながっています。

◇この薬は血中濃度半減期が長く、短期の服用で長い時間効き続けます
アジーで完治させよう
◇真菌の増殖を抑えるならこの薬がおすすめです
イトラコナゾール
◇クラミジアをジスロマック以外の抗生物質で治したい方はこちらがオススメです
抗生物質の購入は通販がおすすめ!